· 

陶器の町、リシタン

ウズベキスタン共和国の首都、タシケントから270kmほど離れた東部・フェルガナ州にある人口約2万2千人の小さな町。

フェルガナ盆地の南西端にあたり、隣国キルギスとの国境境に位置しています。陶器作りに適した赤土が豊富で、1000年以上も昔から陶器作りの伝統が根付いています。今では、ウズベキスタン国内で生産される陶器の約90%がリシタン製のもの。

住民の大半がウズベク人とタジク人。少数ながら、ロシア人やタタール人も暮らしています。主な言語はウズベク語、そしてタジク語・ロシア語。最近は英語教育も盛んで、少しづつですが英語が話せる人も増えているようです。

▼参考サイト

フリー百科事典Wikipedia 項目「リシタン