· 

古都・サマルカンド

青の都と呼ばれるウズベキスタン の古都、サマルカンド。

 

シルクロードの重要な中継地として古代から栄え、  

街をいろどる美しいタイルは中国の陶磁器と

ペルシアの顔料が出逢い生まれました。

 

空の青より深いその色は「サマルカンドブルー」と呼ばれ、

遥か昔から多くの人々を魅了しつづけています。